血圧@情報館



日本人と高血圧


高血圧がいみじくもサイレントキラー(沈黙の殺人者)などと
呼ばれることをご存じですか?なんとも恐ろしい別名ですが、
これが日本人に特に多いと聞くと、ぞっとするのは、私だけ
ではないでしょう。なぜ日本人に高血圧が多いのか、そこら辺
を解明したいと思います。その上で、ご自分の生活全般を見直
してみてください。

わが国では、高血圧はその患者数が、推定でも3千万人以上
と言われるように、まさしく国民病の一つです。日本の場合、
死亡原因は癌、心臓病、脳卒中の順で挙げられています、
そのうち、心臓病と脳卒中は高血圧が最も危険な要因なのです。
これらを考えると、一番多い死亡原因は高血圧といっても過言
ではないのですよね。

その原因の一つに、私たちの食生活があると言われております。
昔から、世界でも有数の塩分摂取量の多さが、高血圧を引き起こ
していたのだと言われております。若い人たちでは、最近とり
わけ、塩分控えめの味付けに慣れるよう努力をされる方が多く
なりました。特に、外食での味付けを気にしながら、やむなく
外食をなさる方も多いのではないでしょうか?

日本は他国と比較して見ると、確かに塩分の摂取量はダントツ
で高いと言われています。たとえば、1日当たりの塩分消費量は、
ヨーロッパで5〜6g、アメリカで8〜10g。これに対して日本は
11〜13gとなっています。日本の場合、味噌や醤油など伝統的
な調味料、漬け物などが好まれる時代が長く続いているから
ですし、海外では、塩分の代わりに、ハーブなどの香辛料で
味付けを工夫する歴史的な背景があるからだと、私は思います。
現在の日本では、せめて1日6gの塩分に抑えることをお勧め
したいですね。

ところで、塩分に血圧が左右される人と関係ない人がいるのを
ご存じですか?前者を「食塩感受性」タイプと言い、、後者を
「食塩非感受性」タイプといいます。ですが、影響されにくい
といっても、高血圧には絶対ならないというものではなく、
その他の生活習慣によって、高血圧が発症する場合はあるの
です。塩分の取りすぎは、ほかの病気の要因ともなりますので、
できるだけ1日6gを守ることをお勧めします。