血圧@情報館



高血圧が心配な理由


高血圧自体の自覚症状は、あまり明確ではありませんので、
ついつい放置しておく間に、血管はどのようになって、
どのような症状が発生するのでしょう。高血圧が続くと、
血管が硬くなる動脈硬化が進行します。この結果、心臓病
などの合併症が起きるのですよね。これについてもう少し
具体的な病状などでご説明を加えたいと思います。

言うまでもなく、高血圧で一番困るのが、動脈硬化を引き
起こすことですが、動脈硬化というのは、血管の弾力性が
失われ、血管の内側の幅が細くなるのです。これは一言で
いえば、血管が細くなる状態ですが、つまり高血圧が続くと、
血液の圧力にtが得るために、血管の壁が厚くなるからです。

そのうえ、血管が傷ついたりすると、そこにコレステロール
などの脂質が溜まりやすくなりますので、さらに内腔は狭く
なってしまいます。その場合、更に血液の流れる際の抵抗
が増加してしまうので、血圧がさらに高くなるのですね。
このように高血圧が動脈硬化を引き起こし、さらに高血圧
が進行するという悪循環が延々と続き、最後には脳や心臓
の血管障害が発生してしまうのです。

以上のように高血圧による動脈硬化が原因となって命を失う
ような脳や心臓血管障害が起きやすくなります。この場合、
脳に関しては、、脳卒中として、脳梗塞、脳出血などが、
心臓に関しては、は狭心症や心筋梗塞などが発症しやすく
なりますもちろん、他にも腎障害などの合併症も起きやすい
ですね。ですから、高血圧そのものよりも、それが原因と
なって発症する病気が心配なわけですし、高血圧と動脈硬化
の悪循環が血圧の怖いところと言えるでしょう。