血圧@情報館



血圧計の種類と選び方


最近では、手軽に自分の血圧を把握して置くことを目的に、
様々なタイプの血圧計が登場しました。価格も手軽なお値段
で販売されているので、今では、どこの家庭でも、一台は
備えているのが普通かもしれませんね。その種類によって、
測定する場所も異なります。さまざまな種類があるために、
正しく測定するのが難しい場合もありますが、ではどのような
血圧計がお勧めなのでしょう。

血圧測定の方式は2種類に分かれています。2つはコロトコフ法
=聴診法とオシロメトリック法と呼ばれるものです。それぞれ
について、調べておきましたので、参考になさってください。

1.コロトコフ法とはWHO=世界保健機関で推奨している方法で、
  通常、病院で使われている血圧計です。前述の血圧計の
  測定方際にお勧めした、非常に正確に測れる血圧計です。
  その原理は、カフを腕に巻いて動脈を圧迫することで、
  血液の流れを止めます。その後空気を抜くことで血液が
  再度流れはじめますが、このときの血管に血液がぶつかる
  音=コロトコフ音を聞いて、血圧を測定するのです。

2、もう一つのオシロメトリック法はセンサーを用いるもので、
  家庭で普及しているものは、ほとんどがこのタイプです。
  一度血流を止め、再度流れ始めたときの動脈壁の新堂を
  センサーがキャッチするもので、とても簡単なところが、
  魅力ですね。

ですが、血圧の測定は、正確には、上腕で行うのがお勧めです。
手首や指先で測定する簡易タイプの血圧計では、末端の血圧が
変動しやすいために、正確には血圧を測定はできません。血圧
の目安になると考える程度にしましょう。

最近では、上腕部で測るのだけれど、操作が簡単なものも出始
めていますね。さらには、自動的に24時間、血圧の変化が記録
される血圧計もあります。血圧の変化を正確に把握することが、
血圧のコントロールには必要だからですね。

[推奨サイト]社内SEの求人を見つける方法