血圧@情報館



血圧を測るには・その1


ご存知のように、血圧は、常に変動しており、なかなか、正しい
血圧は測りにくいものです。それは時間や環境によって、微妙に
変動するからですが、正しい血圧を知るためには、きちんとした
方法で、環境を整えながら、定期的に測定する必要があるます。
たとえば、たとえば、運動している最中やその直後、入浴中、
仕事中などは正常な血圧とは考えられません。このように変動
する血圧を正しく測定するためには、次のような注意が必要です。

1、体の力を抜いてリラックスした状態で測りましょう。前述の
  時間帯は勿論、トイレを我慢していたり、出かける直前の
  あわただしい時間などでも血圧は上昇します。測定前1時間位
  の間は、食事・入浴・運動は避けておいた方が、正しい血圧
  が測定できます。

2、測定は座った状態で行いましょう。血圧測定は、心臓の高さ
  にある上腕の血圧を座って計測した値が基準とされます。必ず、
  座って、腕を机などに置いた状態で測定してください。

3、血圧は、常に定められた時間に測定しましょう。血圧は時間
  によって変動するものです。同じ時間に測らないと、日々の
  変化はわからないのです。また、正確には、測定日を変えて
  同じ時間帯に3回測定して、その平均が基準となります。

4、血圧計は、信頼できるものを使うようにしましょう。できれば、
  上腕部にカフを巻く血圧計がお勧めです。手首や指先で測る
  簡易血圧計では、正確にはわからないとされています。それは、
  これらの血圧計では、指なのど末端の血圧を測りますが、
  これらは、変動が大きくなるのです。


※ 精神科医の求人探しに役立つサイト